経済

武田薬品工業、大阪本社を売却 譲渡益380億円

 武田薬品工業が売却すると発表した本社ビル=大阪市

 武田薬品工業は28日、創業地の大阪市内にある本社ビルなど21の不動産を売却すると発表した。売却先は非公表で、譲渡益は約380億円。本社ビルは売却後も借り受けて使用を続け、登記上の本店所在地は移転しない。

 売却する不動産には社宅や営業拠点などが含まれ、3月22日に手続きを終える予定。2019年3月期連結決算に譲渡益を計上する。

 武田は欧州医薬品大手シャイアーの巨額買収に伴う財務負担を軽減するため、今後も最大約1兆1千億円規模で非中核事業の売却を進める方針。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内