再処理工場、審査合格確実 国の核燃サイクル中核施設

 審査合格が確実の見通しとなった使用済み核燃料再処理工場=青森県六ケ所村

 原発の使用済み核燃料を化学処理(再処理)して、燃料に再利用するプルトニウムなどを取り出す日本原燃の再処理工場(青森県六ケ所村)を巡り、原子力規制委員会は28日、審査会合を開いた。本格稼働に必要な審査では昨年9月に主要な議論を終えたが、その後、再処理工場に特有の事故対策を確認する必要が生じ、原燃に追加説明を求めていた。会合では異論が出ず、これで審査合格確実の見通しとなった。

 審査で議論した安全対策全般を事務局がまとめる「審査書案」の作成作業は詰めの段階となり、作成後、規制委が会合で了承すれば事実上の合格となり、意見公募などを経て正式合格となる。


(共同通信)