経済

トヨタ労組、1万2千円要求 一時金前年超え6・7カ月

 記者会見するトヨタ自動車労働組合の西野勝義委員長=28日夜、愛知県豊田市

 トヨタ自動車労働組合(西野勝義委員長、約6万9千人)は28日、2019年春闘で、定期昇給やベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を合わせ、期間従業員らを含む全組合員1人平均で1万2千円の賃上げを要求する執行部案を発表した。年間一時金(ボーナス)は満額回答だった前年(6・6カ月分)を上回る6・7カ月分を求める。各職場で検討し2月8日に正式決定する。

 愛知県豊田市で組合員の代表者を集めた評議会を28日開き提案した。西野氏が同日夜、記者会見して内容を説明する。

 具体的なベアの要求額は示さない。経営側が18年春闘の回答でベア額を非公表としたことに対応する。


(共同通信)