スポーツ

中日・松坂はじっくり調整へ 沖縄の合同トレ合流

 合同自主トレに合流し、ノックを受ける中日・松坂=北谷

 中日の松坂大輔投手が30日、1軍キャンプ地の沖縄県北谷町で合同自主トレーニングに合流し、最長約50メートルのキャッチボールやノック、ダッシュで調整した。「新しいものを取り入れ、コンディションをつくりやすい環境をつくりたい」と言葉に力を込めた。

 入団テストを経て合流した昨年のキャンプは2月2日に早くもブルペン入りした。今回は前年よりじっくり調整する方針。練習では笑顔を見せる場面もあり、リラックスした様子だった。あいさつに来た多くの選手と握手も交わした。

 松坂は「見慣れた顔のみんなと久しぶりに会えてうれしかった」とにこやかだった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス