社会

乳児揺さぶりで父親起訴、神奈川 半年後死亡、傷害罪で

 2016年12月に生後1カ月の長男を激しく揺さぶり、約半年後に死亡させたとして傷害致死容疑で逮捕された父親(26)=神奈川県厚木市=について、横浜地検小田原支部は30日、傷害罪で起訴した。「揺さぶりと死亡の因果関係の立証が困難だった」としている。

 県警は今月10日、厚木市の自宅アパートで、16年12月中旬に長男を激しく揺さぶり、17年6月13日に生後7カ月で死亡させたとして父親を逮捕。司法解剖で「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」によるとみられる脳の損傷があることが判明し、虐待死の疑いがあるとして捜査していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス