社会

金剛峯寺の僧侶がヘイト投稿 公式サイトに謝罪文、処分検討

 世界遺産の高野山真言宗総本山金剛峯寺(和歌山県高野町)は30日、同寺の男性僧侶がツイッターで「韓国人3人寄ればドクズかな」などとヘイトスピーチをしたとして、公式サイトで謝罪した。僧侶への指導や処分を検討するとしている。

 金剛峯寺によると、僧侶は11日、自身のアカウントを使用して投稿。他に「日本人にとって謝罪は『礼儀』」「韓国人にとって謝罪は『降伏』」とも書き込んでおり、インターネット上で批判の声が相次いでいた。

 金剛峯寺は30日、僧侶本人の投稿と確認し、内容がヘイトスピーチであったと判断。添田隆昭宗務総長名義で謝罪するコメントを公式サイトに掲載した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス