社会

豚コレラ防止へ、第三者確認 農水省、専門家が基準順守を指導

 岐阜県で発生が相次いでいる豚コレラについて、国が定めた飼養衛生管理基準を農場が順守しているかどうかを岐阜県だけでなく第三者が確認する仕組みを導入する方針を農林水産省が固めたことが31日、分かった。専門家が改善点を指導できるようにし、まん延防止に努める。

 同日開かれた自民党の会合で農水省が明らかにした。第三者は国のほか、他県の職員や養豚の指導経験のある獣医師を想定している。

 これまでは岐阜県の職員が定期的に豚コレラが発生した地域の農場を訪問し、飼養衛生管理基準の順守状況を確認していた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス