経済

コマツ社長に小川啓之氏 大橋徹二氏は会長、若返り

 コマツ次期社長への就任が決まり、記者会見する小川啓之取締役兼専務執行役員=31日午後、東京都千代田区

 コマツは31日、小川啓之取締役兼専務執行役員(57)が社長に昇格する人事を発表した。4月1日付。大橋徹二社長(64)は代表権のある会長に就く。大橋氏が就任から6年を迎えるのを機に若返りを図る。野路国夫会長(72)は取締役にとどまる。

 コマツは世界2位の建設機械メーカーで、海外の売上高がグループ全体の8割を超える。中期経営計画の策定を担当する小川氏をトップに据え、世界首位の米キャタピラーを追い上げる。

 小川 啓之氏(おがわ・ひろゆき)京大院修了。85年コマツ。常務執行役員などを経て18年6月から取締役兼専務執行役員。大阪府出身。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス