経済

米、中国の合意順守に力点 閣僚級協議、打開策を模索

 【ワシントン共同】米中両政府は31日、閣僚級協議を継続し、貿易摩擦緩和に向けた打開策を模索。米政権は、知的財産権侵害や技術移転強要への対応といった中国の構造改革に加え、合意内容の順守にも力点を置く。トランプ米大統領は31日、貿易協議に関し、中国の習近平国家主席と会談するまでは「最終合意はしない」とツイッターに投稿した。

 トランプ氏は、米国が問題視する中国の知的財産権侵害や技術移転強要などを含めた「完全な取引をしようとしている」と主張。会談時期を「近い将来」と説明した上で「全ての問題が議論され、うまくいけば解決されるだろう」と強調した。


(共同通信)