経済

自転車シェア実証実験へ、パナ 電動アシストスポーツ車開発

 パナソニックがシェアリングサービスの普及に向け開発したスポーツタイプの電動アシスト自転車=31日

 パナソニックは31日、自転車のシェアリングサービスの普及に向け、スマートフォンで電子錠の操作や利用料金の決済ができるスポーツタイプの電動アシスト自転車を開発したと発表した。4月からこの自転車を使ったシェアリングサービスの実証実験を関東地方の観光地など数カ所で始め、サービス内容などを詰めた上で、本格的な国内展開を目指す。

 開発した自転車は、インターネットにつながる通信機能を備え、専用のスマホ向けアプリで走行記録や電池残量の確認もできる。衛星利用測位システムを搭載し、利用者が自分の位置確認をしたり、事業者が防犯や自転車の管理に役立てたりすることもできる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス