経済

レゴランド7月に新エリア 忍者テーマ、初の敷地拡張

 レゴランド・ジャパンの新エリア開業をアピールする、運営会社のトーベン・イェンセン社長とキャラクターたち=31日午後、名古屋市

 名古屋市のテーマパーク「レゴランド・ジャパン」の運営会社は31日、忍者をテーマにした新エリア「レゴニンジャゴー・ワールド」を7月にオープンすると発表した。2017年4月の開業後初めて敷地を拡張し、大型アトラクションなどで集客力の向上を目指す。投資額は非公表。

 拡張するのは隣接の国際展示場「ポートメッセなごや」の駐車場だった3188平方m。アトラクションは三つ新設する。目玉は最高約20mまで上昇して回転する「フライング・ニンジャゴー」で、ドイツのレゴランドに続き世界で2番目の導入となる。アトラクションとは別に、忍者になるための修行を体験できる遊具も設ける。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス