社会

東京でも積雪の恐れ 通勤への影響に注意

 気象庁は31日、本州の南を東寄りに進む南岸低気圧の影響で関東の平野部で雪が積もり、2月1日の通勤に影響が出る可能性があるとして注意を呼び掛けた。東京23区でも1センチほどの積雪になる場所があるとしている。

 気象庁によると、低気圧は伊豆諸島付近を通過し、その後は西高東低の冬型の気圧配置になる。

 1日午後6時までの24時間の予想降雪量は多い所で長野35センチ、関東の北部山沿い25センチ、山梨、箱根から多摩や秩父にかけて10センチ、関東の平野部5センチとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス