国際

住宅街に野生のヒョウ、4人けが インド北部、住民ら次々と襲う

 1月31日、インド北部ジャランダーの住宅街に出現した野生のヒョウに襲われる男性(AP=共同)

 【ニューデリー共同】インド北部パンジャブ州ジャランダーで1月31日、住宅街に迷い込んだ野生のヒョウが住民らを次々と襲った。AP通信によると、少なくとも4人がけがをしたが、いずれも命に別条はない。

 地元メディアによると、ヒョウは昼前に出現。うなり声を上げながら住民らに襲いかかり、逃げ惑う人々で町は一時混乱状態になった。

 ヒョウは塀を軽々と乗り越えて路地に入り込むなどして走り回り、通報を受け、捕獲に乗り出した森林当局者も襲った。数時間後にようやく麻酔銃で撃たれて捕らえられたという。

 インドでは野生動物が市街地に迷い込んで住民を襲う事案が相次いでいる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内