スポーツ

W杯ジャンプ、小林陵侑10勝目 通算勝利、日本勢で単独3位

 1回目を終えてトップに立った小林陵侑=オーベルストドルフ(AP=共同)

 【オーベルストドルフ(ドイツ)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は2日、ドイツのオーベルストドルフでフライングヒルによる個人第18戦(ヒルサイズ=HS235メートル)が行われ、小林陵侑(土屋ホーム)が427・0点で6試合ぶりに優勝し、今季、通算ともに10勝目を挙げた。

 W杯のシーズン10勝は史上9人目。通算勝利数で17勝の葛西紀明(土屋ホーム)、15勝の船木和喜(フィット)に続いて日本勢で単独3位となった。1回目に224メートルでトップに立ち、2回目も234メートルでリードを守った。


(共同通信)