スポーツ

元稀勢の里が感謝の豆まき、東京 府中市の大国魂神社で

 大国魂神社での豆まきに参加した元横綱稀勢の里の荒磯親方(中央)=3日午後、東京都府中市

 1月の大相撲初場所限りで現役を引退した元横綱稀勢の里の荒磯親方が3日、東京都府中市の大国魂神社での豆まきに参加し、集まった参拝客らに感謝の思いを語った。9月に引退相撲を実施する荒磯親方は「大変お世話になりました。ちょんまげ姿の豆まきは今年で最後になりますが、今後もよろしくお願いします」と謝意を述べた。

 同神社によると、荒磯親方は10年以上にわたって豆まきに参加している。大勢の参拝客からは「ありがとう」「お疲れさま」といったねぎらいの言葉が飛び交った。荒磯親方は手を振って応え、力強く豆を投げた。


(共同通信)