政治

大阪、ダブル選判断は3月期限 都構想巡り吉村市長

 大阪都構想の住民投票実現に向け松井一郎大阪府知事とともに出直しダブル選に挑むことを検討している吉村洋文大阪市長は3日、2月開会の府市両議会が閉会する3月中旬までに、実際に踏み切るかどうかなど自らの進退について判断する考えを明らかにした。

 吉村氏は大阪市で開かれた大阪維新の会主催の都構想の住民説明会に出席後、記者団に判断の時期について「本会議が終了すれば議論ができなくなる。議会(閉会時)が最終リミットじゃないか。知事も同じ考えだと思う」と述べた。市議会は3月13日、府議会は同15日に閉会の予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内