くらし

「オクトパス君」で合格! 震災復興シンボル、宮城

 「オクトパス君」の合格祈願の置物

 置くと(試験に)パスする―。宮城県南三陸町の名産タコをモチーフにした「オクトパス君」の合格祈願の置物が累計売り上げ10万個を突破した。東日本大震災以前から使っていた鋳型で製造を再開、復興のシンボルとしても親しまれている。

 置物は2009年に町の観光協会が考案したもので、つぶらな瞳が特徴的な手のひらサイズ。11年の震災による津波で工場は流されたが、ボランティアらの呼び掛けで以前からの鋳型を活用し、制作を再開した。

 7月には廃校を改装して新しい工房を開き、全国の受験生との交流を励みに、地元の主婦が中心となり活動している。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス