国際

エルサルバドル大統領にブケレ氏 首都サンサルバドルの前市長

 3日、エルサルバドルの首都サンサルバドルで、大統領選後に記者会見するブケレ氏(ロイター=共同)

 【サンパウロ共同】中米エルサルバドルで3日、現職サンチェスセレン氏の任期満了に伴う大統領選が実施された。即日開票の結果、候補者4人のうち中道右派政党、国民統合のための大連合(GANA)から出馬した首都サンサルバドルのブケレ前市長(37)が当選した。過去30年間、国政を担ってきた二大政党に属さない大統領が誕生する。6月1日就任で任期5年。

 地元メディアによると、選挙管理当局の中間集計(開票率約85%)では、得票率でブケレ氏が53・73%と首位。右派、民族主義共和同盟(ARENA)などによる選挙同盟のカジェハ候補(42)が31・80%で続いた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス