社会

盗難の8千万円、内部で穴埋めへ 広島中央署の多額窃盗事件

 2017年5月に広島中央署で特殊詐欺事件の証拠品として金庫で保管されていた現金8572万円の盗難が発覚した事件で、広島県警が、職員らで現金を出し合って全額を補填する方針を固めたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、現金は所属長級以上の警視正や警視から徴収。県警の全職員が加入する互助会や退職者でつくる組織からも拠出し、8572万円全額を穴埋めする方針。18年度中に集金を終えるとみられる。

 事件は17年5月8日に発覚。県警は内部の人間が関与した疑いが濃厚と、当時の広島中央署員らを聴取したが、犯人は特定されず、現金も見つかっていない。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス