社会

豚コレラ、国が岐阜に対策本部 養豚場を点検、感染拡大防ぐ

 吉川貴盛農相は5日の閣議後の記者会見で、豚コレラの発生が続いている岐阜県に農林水産省の現地対策本部を設置すると発表した。岐阜県内の全ての養豚場を国が点検し、感染の拡大を防ぐ狙いだ。

 岐阜県では昨年9月、国内で26年ぶりに豚コレラが確認され、7例に拡大した。国が定めた飼養衛生管理基準を守れば感染は防げるとされるが、基準が守られていない農場もあった。

 岐阜県の職員が巡回して指導に当たっていたが、国も点検することで防疫を徹底したい考えだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内