社会

神戸のヤミ専従、労組幹部ら処分 計189人

 ヤミ専従問題で処分を発表し、謝罪する神戸市幹部ら=6日午後、神戸市

 「神戸市職員労働組合」(市職労)などの労組幹部が無許可で組合活動に専念する「ヤミ専従」をしていた問題で、神戸市は6日、労組幹部ら189人を処分したと発表した。うち歴代の労組幹部や人事担当幹部ら退職者を含む73人は停職や減給など懲戒や懲戒相当、ヤミ専従を黙認していた上司ら116人は訓戒の内部処分とした。

 監督責任を取り久元喜造市長が給与を30%、3カ月間減額。岡口憲義副市長も同じように一部給与を減額する。

 処分とは別に、資料が残る2013年度以降の労組幹部28人に対し、実際は働いていない時間に不正に得た給与計約1億7560万円の返還を求めることも発表した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス