経済

修学旅行は東北地方に 関西の旅行会社に観光PR

 関西の旅行会社関係者に山形の魅力をPRする担当者=6日午後、大阪市

 東北地方への観光客誘致に取り組む岩手、宮城、山形の3県にある自治体でつくる「伊達な広域観光推進協議会」などが6日、大阪市で説明会を開き、地元の魅力をPRした。京都や大阪、兵庫、奈良の4府県から約30人の旅行会社関係者が参加、中高生向けの修学旅行プランなどに熱心に耳を傾けていた。

 PRしたのは、観光推進協議会を構成する自治体に福島市などが加わった12市町。東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県気仙沼市の担当者は、3月10日オープン予定の東日本大震災遺構・伝承館を紹介。

 岩手県平泉町は中尊寺での座禅体験や紅葉を、山形市の担当者は蔵王温泉スキー場をPRした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス