社会

堺市長、615万円不記載 17年の後援会収支報告書

 堺市の竹山修身市長

 堺市の竹山修身市長を支援する政治団体「竹山おさみ連合後援会」が、同市などの四つの政治団体から受け取った5件の寄付計615万円や、20万円を超えるパーティー券の購入者を、2017年の政治資金収支報告書に記載していなかったことが6日、分かった。

 また、15~17年分の報告書では、毎年1月に開催している政治資金パーティーの収入が、3年とも同額の700万円だった。竹山氏は6日、市役所で記者団の取材に応じ「私の不徳の致すところ」と自身の監督責任を認めたが、辞職は「考えていない」と否定した。寄付やパーティー券購入者の不記載は5日に訂正を届けた。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス