経済

米の対中赤字12%減、商務省 昨年11月、政府閉鎖で公表遅れ

 【ワシントン共同】米商務省が6日発表した昨年11月のモノの貿易収支(通関ベース)によると、国別で最も多い中国に対する赤字は前月比12・2%減の378億6100万ドル(約4兆2千億円)だった。米政府閉鎖の影響で約1カ月発表が遅れた。米政権は3月1日までを期限とした中国との貿易協議で不均衡是正を強く求めている。

 日本に対する赤字は6・1%減の57億9千万ドルで、中国、メキシコ、ドイツに次ぎ国別4位。

 中国からは輸入が大きく減少、輸出も減った。国別の赤字額は、メキシコは7・1%減の66億5700万ドルだった。ドイツは6・4%減の58億1200万ドル。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス