経済

NY株、反落 利益確定売り優勢

 【ニューヨーク共同】6日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、午前10時現在は前日比72・03ドル安の2万5339・49ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は5・94ポイント安の7396・14。

 5日夜に行われたトランプ米大統領の一般教書演説が内容に乏しいと受け止められた。ダウ平均は前日までの2日間で350ドル近く上昇したこともあり、当面の利益を確定させるための売り注文が優勢となった。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス