スポーツ

ソフトB、武田がフリー打撃登板 44球「低めに投げること意識」

 打撃投手を務めたソフトバンク・武田=宮崎

 ソフトバンクの武田がフリー打撃に初登板し、全て直球で44球を投じた。今宮、川島を相手にしなやかなフォームで投げ込み「感覚は良かったと思う。低めに投げることだけを意識した。全体的には良かった」と収穫を口にした。

 昨季は先発で3勝9敗と苦しみ、プロ7年目で初めて救援に回った。今季は一年を通して「先発で納得できる投球を」との決意を胸に、開幕ローテーション入りへ向け調整を進めている。(宮崎市)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス