スポーツ

宇野昌磨、男子SPで4位 フィギュア四大陸選手権

 男子SP 演技する宇野昌磨=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権は7日、米アナハイムで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で平昌冬季五輪銀メダルの宇野昌磨(トヨタ自動車)は4回転トーループなどの精度を欠き、91・76点で4位となった。

 田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は83・93点で7位、友野一希(同大)は74・16点で12位。ビンセント・ゾウ(米国)がルッツ、サルコーの2種類の4回転ジャンプを決め、ルール改正後の自己最高となる100・18点でトップに立った。

 8日(日本時間9日)に女子フリー、9日(同10日)に男子フリーが行われる。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス