スポーツ

日米でロビンソン氏悼む オバマ前大統領ら

 【ニューヨーク共同】7日に死去した名選手で、黒人初の大リーグ監督だったフランク・ロビンソン氏を悼む声が日米で広がった。

 公民権運動が盛んな時期に人種差別と闘いながら現役生活を送ったことから、黒人初の米国大統領となったバラク・オバマ氏は「他の人々に扉を開けてくれた」とツイッターでたたえた。

 プロ野球ロッテの吉井理人投手コーチは、現役時代にエクスポズで監督と投手の関係。「規律を大切にし、全力プレーを推奨する人だった」としのんだ。

 DeNAの大家友和2軍投手コーチもロビンソン監督時代に投手。「監督室はいつでも開けておくと言われ、実際によく話しに行った」という。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス