スポーツ

藤田菜七子が女性初のG1騎乗へ 「やってやる」と意気込む

 コパノキッキングの感触を確かめる藤田菜七子騎手=栗東トレーニングセンター

 日本中央競馬会(JRA)の藤田菜七子騎手(21)が、フェブラリーステークス(17日・東京1600メートルダート)でJRA所属の女性騎手として初めてG1レースに騎乗することになり、8日に滋賀県の栗東トレーニングセンターで初コンビを組むコパノキッキング(4歳せん馬、村山明厩舎)にまたがって感触を確かめた。

 同馬は前哨戦の根岸S(G3)を勝つなど4連勝中。ダートコースをゆったりと1周した藤田騎手は「すごく乗りやすくて、いい馬」と話した。デビュー4年目で最高峰のG1レース初騎乗には「関係者に感謝し、結果を残したい。今は“やってやるぞ”という気持ち」と意気込んだ。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス