スポーツ

トヨタ、世界耐久に継続参戦 9月に英国で開幕

 2018年10月の世界耐久選手権(WEC)シリーズ第4戦で優勝したトヨタ7号車=富士スピードウェイ

 トヨタ自動車は7日、自動車の世界耐久選手権(WEC)シリーズに2019~20年シーズンも継続して参戦すると発表した。ドライバーは後日公表される。トヨタは昨年のルマン24時間で中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ(スペイン)らの8号車が悲願の初制覇を達成した。

 全8戦の19~20年シーズンは19年9月に英国で開幕。10月に静岡県の富士スピードウェイで第2戦が行われ、20年6月のルマン24時間が最終戦となる。(共同)


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内