芸能・文化

バレエ、日本の4人が最終選考へ ローザンヌ国際

 最終選考進出を決め、笑顔の(左から)住山美桜さん、佐々木須弥奈さん、淵山隼平さん、脇塚優さん=8日、スイス・ローザンヌ(共同)

 【ローザンヌ共同】スイス西部ローザンヌで開催されている若手バレエダンサーの登竜門、ローザンヌ国際バレエコンクールの事務局は8日、千葉県の日出学園高校1年、淵山隼平さん(16)、ハンガリー留学中の脇塚優さん(17)、いずれもスイス留学中の佐々木須弥奈さん(18)と住山美桜さん(18)の4人が最終選考に進出したと発表した。

 最終選考は9日午後2時半(日本時間同10時半)から行われる。本選には世界各地から70人以上が参加し、日本からは12人が挑戦した。最終選考進出を決めたのは21人で、国別では日本と米国の4人が最も多かった。


(共同通信)