くらし

原発事故の教訓を後世に、福島 拠点施設、20年夏開業へ

 「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」の起工式であいさつする双葉町の伊沢史朗町長=9日午前、福島県双葉町

 福島県は9日、東京電力福島第1原発事故などの記憶や教訓を後世に伝える「東日本大震災・原子力災害アーカイブ拠点施設」の起工式を同県双葉町で開いた。3月末までに本格着工し、2020年夏のオープンを目指す。

 起工式には国や県、町から約80人が出席。伊沢史朗町長は「世界中の大勢の人が訪れ、災害の実態や教訓を学んでほしい」とあいさつした。

 施設は地上3階建てで、敷地面積約3万5千平方メートル。県は福島大に資料の収集を委託しており、18年末時点で、急な避難のため学校に残されたままだった学用品など約15万9千点を集めている。


(共同通信)