経済

四大監査法人、照会業務を電子化 共同設立の新会社、労力削減

 あずさ、EY新日本、トーマツ、PwCあらたの四大監査法人が協力し、監査先の債権や債務などの記録照会の業務を電子化することが9日、分かった。共同設立した新会社が今年中にもサービスを始める。膨大な単純作業の労力を削減し、監査の質向上につなげるのが狙い。競合する監査法人同士が手を携えるのは珍しく、監査を依頼する企業にとっても負担軽減のメリットが期待できそうだ。

 企業の財務諸表の数字が正しいかどうかを判断する公認会計士は、監査対象の債権や債務の残高を確認するため取引先に記録を照会するが、現状は大半を紙の資料で行っている。


(共同通信)