政治

首相、自民党大会で選挙必勝訴え 「先頭に立つ決意」

 自民党大会で演説する安倍首相=10日午前、東京都内のホテル

 安倍晋三首相は10日、東京都内のホテルで開かれた第86回自民党大会で総裁演説に臨み、春の統一地方選と夏の参院選が重なる「亥年」選挙の必勝を期すと訴えた。参院選に関し「まなじりを決して戦い抜く。その先頭に立つ決意だ」と明言。統一地方選も「力を合わせて勝ち抜こう」と呼び掛けた。

 憲法に関し「いよいよ立党以来の悲願である憲法改正に取り組むときが来た。しっかり自衛隊を明記して、違憲論争に終止符を打とうではないか」として、9条改正の実現へ協力を求めた。毎月勤労統計の不正については「再発防止に全力を尽くすことで責任を果たす」とした。


(共同通信)