スポーツ

テニス、日本はスペインに敗れる 女子のフェド杯

 日本―スペイン シルビア・ソレルエスピノサにストレート勝ちした奈良くるみ=北九州市立総合体育館

 女子テニスの国別対抗戦、フェド杯ワールドグループ(WG)2部1回戦、日本―スペインの最終日は10日、北九州市立総合体育館で行われ、日本はシングルスで奈良くるみが勝ったが、日比野菜緒が敗れ、最終試合のダブルスで加藤未唯、二宮真琴組も負け通算2勝3敗で敗退。2部残留をかけた入れ替え戦に回ることが決まった。

 日本は奈良がシルビア・ソレルエスピノサを7―6、6―4で破り、勝利まであと1勝としたが、日比野がジョルジナ・ガルシアペレスに3―6、6―1、1―6で屈する。最後は加藤、二宮組がマリアホセ・マルティネスサンチェス、ガルシアペレス組に1―6、3―6で完敗した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス