スポーツ

競泳の池江選手が白血病を公表 「混乱している状況」

 池江璃花子選手

 競泳女子のエース、池江璃花子選手(18)が体調不良で合宿先のオーストラリアから帰国して検査を受けた結果、白血病と診断されたと12日、自身のツイッターで公表した。「私自身いまだに信じられず混乱している状況です。ですが、しっかり治療をすれば完治する病気でもあります」と書き込んだ。治療専念のため4月の日本選手権は欠場する。

 池江選手は入院中で、担当医師からは早期発見だったと伝えられた。日本水泳連盟の上野広治副会長は都内で開いた記者会見で「先々は非常に厳しい道のりになるが、東京五輪の代表選考会のスタートに立てるように温かく見守ってほしい」と祈るように話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内