経済

日産ルノー三菱首脳初会談 結束優先、人事先送り

 羽田空港に到着したルノーのジャンドミニク・スナール新会長=14日午後

 フランスの自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール新会長が14日来日し、企業連合を組む日産自動車の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)、三菱自動車の益子修会長兼CEOの3者による初の直接会談を東京都内で開いた。中国市場の変調など経営環境が不透明感を増す中、三菱自も加えた3社連合の結束確認を優先し、日産会長職の人選は先送りしたとみられる。

 スナール氏は羽田空港で記者団に「日本で一緒に話をすることが重要だ。お互いに尊重して話を聞いていきたい」と述べた。15日も日産や三菱自の取締役らと面会する。日産の会長職の人選については「今回は話題にならない」と話した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス