社会

「人生を犠牲、でも賃金出ず」 芸能事務所元社員が会見で訴え

 人気グループ「いきものがかり」や有名俳優が所属する芸能事務所「キューブ」(東京都)が、社員に裁量労働制を不適切に適用し是正勧告を受けた問題で、元社員の20代男性が14日、東京都内で記者会見し「自分の時間や人生を犠牲にしても(見合う)賃金がもらえなかった。この業界で同じように働いている人が声が上げられるようになってほしい」と訴えた。

 男性は2016年4月にキューブの関連会社に採用され、同年10月からキューブに出向、音楽アーティストのアシスタントマネジャーを務めていた。最長で月の残業が200時間を超えることもあったが、残業代はほとんど出なかったとしている。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス