国際

米高校銃乱射、犠牲者に黙とう フロリダ州、生徒ら献花

 銃乱射事件の現場となった高校前の花壇を見つめる人たち=14日、米フロリダ州パークランド(共同)

 【パークランド、ニューヨーク共同】米南部フロリダ州パークランドの高校で、生徒ら17人が殺害された銃乱射事件から14日で1年。遺族や生徒らは1分間黙とうし、わが子やきょうだい、級友らの死を悼んだ。高校前の花壇には花を手向ける生徒が続々と訪れ、涙を流しながら抱擁し悲しみを分かち合った。

 殺害された高校生ホアキン・オリバーさん=当時(17)=の恋人だったビクトリア・ゴンザレスさん(18)は「銃を全面的に禁止するのが難しいが、まずは規制を強化できるはず。私が味わった悲しみをもう誰にも味わってほしくない」と語った。

 事件後、保守的なフロリダ州で銃規制強化法が成立。


(共同通信)