国際

故金正日総書記誕生日で記念行事 北朝鮮、祝賀ムード

 北朝鮮の故金正日総書記の誕生日「光明星節」を前に披露された記念のフィギュアスケートで、国旗を振る男性=15日、平壌(共同)

 【平壌共同】北朝鮮で故金正日総書記の誕生日「光明星節」を16日に迎えるのを前に、フィギュアスケートやアーティスティックスイミング(AS)など恒例の記念行事が15日までに始まり、祝賀ムードが漂っている。今月末に行われる米朝首脳再会談について国営メディアは一切報じておらず、ほとんどの国民は開催予定を知らないままだ。

 光明星節は、4月15日の故金日成主席の誕生日「太陽節」と並び、北朝鮮で最大の祝日と位置付けられている。首都平壌市内では2月15日、雪が舞う中、「2・16慶祝」などと書かれた祝いの看板や国旗が飾られた。


(共同通信)