スポーツ

五輪メダルへ、意見交換 野球稲葉監督とサッカー森保監督

 JOCの指導者研修会に出席し、ポーズをとる野球日本代表の稲葉監督(左)とサッカー男子代表の森保監督=15日、東京都内

 2020年東京五輪に臨む野球日本代表の稲葉篤紀監督と、サッカー男子代表の森保一監督が15日、東京都内で開かれた日本オリンピック委員会(JOC)の指導者研修に出席した。他競技の監督らも参加した討論で意見交換し、稲葉監督は「横のつながりができ、非常にいいお話が聞けた」と収穫を語った。

 自国開催の五輪でメダルが期待されるチームを率いる2人は、対談企画などで旧知の仲。森保監督は視察を通して選手を選び、チームを編成する過程に共感したそうで「まずは自分が学ばなければいけない。日本を代表して戦う中での指導者の姿勢を考えることができた」と話した。


(共同通信)