芸能・文化

海賊版、継続行為に限り刑事罰に 著作権法改正案の概要

 海賊版サイト対策で、政府が今国会提出を予定する著作権法改正案の概要が15日分かった。文化審議会がまとめた報告書を踏まえ、違法なダウンロードとなる対象を全ての著作物に拡大することなどを明記。刑事罰の適用は、反復または継続といった悪質な行為に限るとした。

 概要では、著作権者に無断で掲載した海賊版と知りながらダウンロードする行為を違法と規定。音楽・映像に限定してきた対象を漫画、写真など「静止画」にも広げる。刑事罰は2年以下の懲役か200万円以下の罰金、またはその両方とし、インターネット利用の萎縮を招かないよう、軽微な違反には適用しない。


(共同通信)