社会

実習生への賃金支払い指導 北海道の水産業者に労基署

 北海道小平町の水産加工会社「岸良海産興業」が、外国人技能実習生として働いていたモンゴル人女性(32)ら4人に残業代などの割増賃金を支払っていなかったとして、留萌労働基準監督署が同社を指導していたことが18日、分かった。

 関係者によると、留萌労基署が先月、同社を立ち入り調査し、過去2年分の賃金の支払い状況を見直して、未払い賃金を支払うよう求めた。

 同社は指導を受けたことを認めた上で「これまでに支払った給料を調べ直し、労基署に報告している。近いうちに4人に差額を支払いたい」としている。労基署は「個別事案については回答できない」とした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス