社会

懲戒権削除を法相に要請へ 自民、女児死亡事件巡り

 自民党の馳浩元文部科学相は18日のBS―TBS番組で、千葉県野田市の小4女児が死亡し傷害容疑で両親が逮捕された事件を巡り、監護や教育のため子どもを懲らしめる「懲戒権」を民法から削除するよう山下貴司法相に近く要請すると明らかにした。馳氏は、児童虐待に関する党の特命委員長を務めている。

 民法の見直しを検討する考えを示した安倍晋三首相の13日の国会答弁に触れ「子どもの成長に必要な教育は、体罰や暴言、暴力であってはならない。懲戒権は削除すべきだ」と述べた。

 児童福祉法と児童虐待防止法を改正し、体罰禁止を明記すべきだとも強調した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス