政治

首相官邸は記者会見要請文撤回を 学者、弁護士ら声明発表

 首相官邸が記者クラブに出した要請文の撤回を求め、記者会見する東京大の醍醐聡名誉教授。右は日本体育大の清水雅彦教授=19日午後、国会

 首相官邸が官房長官記者会見での東京新聞記者の質問を事実誤認と断定し、質問制限と取れる要請文を官邸記者クラブに出した問題で、学者や弁護士らが19日、国会内で記者会見し「質問を抑圧することは許されない。報道の自由の侵害だ」として、要請文の撤回を求める声明を発表した。

 声明には4日間で346人の賛同者が集まり、呼び掛け人ら10人が会見に臨んだ。日本体育大の清水雅彦教授(憲法学)は「表現の自由を定めた憲法21条には、報道の自由、知る権利も含まれる。メディアと国民全体の権利が脅かされている」と危機感を表明した。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • ご案内