スポーツ

ラグビー豪代表、静岡を高評価 W杯の会場視察

 ラグビーW杯の会場となる静岡スタジアムを視察に訪れたオーストラリア代表チームマネジャーのパトリック・モリハン氏(右)=静岡県袋井市

 ラグビーの強豪、オーストラリア代表でチームマネジャーを務めるパトリック・モリハン氏が21日、9月開幕のワールドカップ(W杯)日本大会の会場の一つになる静岡県袋井市の静岡スタジアムを視察し「整備がいき届いていて素晴らしい」と高く評価した。

 約20分をかけてロッカールームや芝の状態を確認したモリハン氏は「このスタジアムで良いパフォーマンスを発揮できれば」と意気込んだ。

 1次リーグD組のオーストラリアは過去に2度W杯を制した実績がある。静岡スタジアムでは10月11日にジョージア代表と対戦する。9月28日の日本―アイルランドなど1次リーグの計4試合が開催される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス