スポーツ

中学生の硬式野球で球数制限 ポニーリーグ、1年生は85球

 投球数を表示する掲示板。右は日本ポニーベースボール協会の那須勇元事務総長=22日、東京都内

 中学生の硬式野球、ポニーリーグは22日、東京都内で理事会を開き、今年から1年生の大会で投手の投球数を1日85球までとする球数制限を導入することを決めた。今後は上級生の大会にも拡大する方針。

 米国で故障防止のため掲げられているガイドライン「ピッチ・スマート」で11~12歳の上限が85球と設定されているのに倣った。日本ポニーベースボール協会の那須勇元事務総長は「小中学生は育てる年代。いかに子どもたちの成長を守ってあげられるか。1年生は軟式から硬式へ移って間もない選手が多く、投球数制限が必要」と狙いを語った。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス