スポーツ

サントリーの沢木監督が退任 ラグビー、畠山ら8選手は退団

 沢木敬介監督(左)、畠山健介

 ラグビーのトップリーグ(TL)、サントリーは22日、2度の優勝に導いた沢木敬介監督(43)の退任と、元日本代表のプロップ畠山健介(33)、WTB長友泰憲(33)ら8選手の退団を発表した。沢木監督の後任は未定。関係者によると、畠山は海外でのプレーを希望している。

 沢木監督は日本代表スタッフなどを経て2016~17年シーズンに就任。1シーズン目からTLを2連覇した。今季は神戸製鋼に敗れ、準優勝だった。日本代表78キャップの畠山は早大からサントリー入り。11、15年ワールドカップ(W杯)に出場し、16年にはイングランド・リーグでプレーした。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス