スポーツ

メドベージェワ、ロシアCで優勝 世界フィギュア代表選考

 フィギュアスケートのロシア・カップ・ファイナル女子フリーの演技を終えて笑顔を見せるエフゲニア・メドベージェワ=ベリーキーノブゴロド(タス=共同)

 【モスクワ共同】フィギュアスケートのロシア・カップ・ファイナルは22日、ベリーキーノブゴロドで行われ、女子は2018年平昌冬季五輪銀メダルでショートプログラム首位のエフゲニア・メドベージェワがフリー2位となり、合計222・90点で優勝した。15年世界選手権女王のエリザベータ・トゥクタミシェワが221・19点で2位。3枠の世界選手権(3月20~23日・さいたま)代表の選考材料となる。

 平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワや1月の欧州選手権覇者のソフィア・サモドゥロワは代表入りが確実で出場しなかった。ロシア連盟によると、25日か26日に代表を発表する予定。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス