スポーツ

バスケ、JXと三菱電機が先勝 Wリーグ準決勝

 JX―ENEOS―デンソー 第4クオーター、シュートを決めるJX―ENEOS・渡嘉敷=豊田市総合体育館

 バスケットボール女子のWリーグは23日、愛知県の豊田市総合体育館でプレーオフ準決勝第1戦の2試合が行われ、レギュラーシーズン首位でリーグ10連覇中のJX―ENEOSは4位のデンソーに81―54で快勝した。3位の三菱電機は81―58で2位トヨタ自動車を破った。

 JX―ENEOSは渡嘉敷が両チーム最多の21得点を挙げて引っ張り、序盤からリードを広げた。三菱電機は渡辺がチーム最多の17得点と活躍し、粘りのディフェンスで攻撃力の高いトヨタ自動車を封じ込めた。

 準決勝は2戦先勝方式で行われ、24日に第2戦が実施される。


(共同通信)








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス







  • 他のサービス